病棟

大腸がんについての知識を得ましょう~ミラクル健康GET術~

肺の病気内容

悩み

肺の病気には、肺がんがありますけど、注意しなければいけないものに副流煙があります。副流煙は、タバコの先端から出る煙ですけど、有害な物質が多く含まれています。また、肺がんについての危機意識が強まっているので、禁煙活動は人気があります。

詳しくはコチラ

活用してみる

医者

伊丹市ではいろいろな内科の病院があります。病院選びはそれぞれ違ってきます。また選ぶ際に受付の予約をができる病院が時間を無駄にしない事もあるので、いろいろと調べてみるのもいいでしょう。また、利用する際には、症状をまとめておいたり、聞きたいことなどをメモをしていくと、無駄がありません。

詳しくはコチラ

近年、増加しているガン

女性

大腸がんは、日本人の間で増加しています。この病気になりやすい人は、食事で肉食が多い人、直系の親族に大腸がんの人がいるなどが挙げられます。初期症状がない病気なので、こまめに病院で検診を受けることが大事です。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • 肺がんに関する専門サイト

    完治を目指している人はいませんか?肺がんの免疫療法についての詳細がしりたいならこちらを調べてみるといいです。

日本で増えている病気

看護師

具体的に起こる症状

昨今では、日本人の食生活は肉食中心の食事メニューに変わりつつあります。そのせいで、大腸がんの発症件数は現在、激増しているといわれています。色々な種類のガンが有りますが、大腸がんで亡くなる人は全体の第3位です。この大腸がんが厄介なのは、病気の初期症状がほとんどないことです。腸に腫瘍ができても、痛みも体の変化も全くないです。なので、なかなか初期の段階で見つけることができないです。ある程度症状が進行すると、便に血が混じったり、便秘、腹痛などの症状が表れます。しかし、このような症状が有っても、体の調子が悪いと判断してしまうケースが多いです。治療が遅れると、他の部位に転移して、死を招くリスクが高いです。なので、病院で定期的な検診を受けることが大事です。

具体的な検査方法

大腸がんは、初期の段階では自覚症状がないので、発見が遅れる傾向が高いです。早期発見のためには、病院での検診が大事といえます。具体的な病院での検査方法は、いくつかの種類が有ります。まず最も簡単に行われるのが、直腸指診です。これは、医師が肛門から直腸へと指を入れて腫瘍がないか確認する検査です。その他にも、注腸造影検査というものも行われます。これは、肛門からバリウムと空気を注入してレントゲン撮影を行う方法です。がんの位置や大きさを確かめられます。その他にも、小型カメラを腸の内部に入れる内視鏡検査も行われます。大腸の内部を直に確認できるので、確実に異変を見つけることが可能です。大腸がん検査は少し恥ずかしい思いをしますが、病気の早期発見のために欠かせないです。

Copyright© 2015 大腸がんについての知識を得ましょう~ミラクル健康GET術~All Rights Reserved.